INPEX(国際石油開発帝石)【2021年12月17日】

現在監視中の銘柄「INPEX」について考察していきます。

証券コード:1605
主市場:東証1部
時価総額(百万円):1,419,917百万円
東証33業種:鉱業

【現在までの値動き】

12/10

・1,000円の節目付近まで上昇し、陰線上ヒゲで3日間連続横並びとなった事から、ボックス圏での上値と考えていた。

・上値であれば日足ベースで下落に向かうが、月足及び週足ベースで捉えると、上昇の可能性を示していた。

・従って、短期的には下落があるが、中期的には上昇すると予測していた。

12/13

・始値999円の陰線横並びとなった。5日線の上ではあるが、上昇の勢いは感じられなかった。

12/14

・5日線を割り、下落してコマになった。この時点で、ボックス圏での短期下落を疑っていた。

12/15

・下落は続かず反発し、小さい陽線で5日線上に乗る形となった。この時点で上昇の兆しが見えてきた。

12/16

・陽線で上昇し、5日線を越える形となった。また、目標としていた1,000円の節目に到達し、終値1,011円で5日線と10日線が上を向き始めた。

12/17

・コマではあるが上昇し、完全に前の高値を越えてきた。

【株価動向考察】

月足チャート

・下から20ヶ月線、10ヶ月線、5ヶ月線と並び、移動平均線の並びは上昇局面の最中にあると言える。

・現時点で60ヶ月線をローソク足の実体で踏み、今後の上昇が期待できそうな雰囲気である。

週足チャート

・これまで100週線の下に居た60週線が完全に100週線を越え、60週線、20週線、10週線、5週線の全てが上を向いた状態となっている。

・また、1,000円の節目を越えた事でローソク足が300週線の上に来る形となり、いよいよ上昇局面に入ったという感覚がある。

日足チャート

・下から300日線、100日線、60日線、20日線、10日線、5日線という並びで、完璧な上昇局面「PPP」が完成している。

・現時点で下から上昇4日目であり、後日一度軽い下落がある可能性もあるが、中期的な上昇が続きそうな局面に突入したと言える。

【今後の値動き】

・局面的には上昇と見ているので、途中で下げが生じても、短期間で反発し再び上昇する可能性が高いでしょう。

松井証券
LINE証券
岩井コスモ証券
スマートプラス『STREAM』開設プロモーション