株式投資で儲ける為に必要な3つの事

こんにちは、黒乃雅斗です。

株式投資を実践している方や興味を持っている方というのは、今の収入源だけでは生活できない、或いはお金を増やし将来への不安を少しでも減らしたい、そんな方々がほとんどだと思います。

多くの人が、株ならほったらかしで儲かるのではないか。少し怖い気がするけれど、簡単そうだからやってみよう。そういう思いで株式市場に参加しますが、残念ながら大きな損失を抱えて市場から撤退してしまう人も少なくありません。

株式投資で成功する為には、正しいトレードの技術と知識、そして何より安定したメンタルが重要です。

では、株で儲ける、儲け続ける為にはどのような行動を取る必要があるのでしょうか?

今回は、株式投資で儲けたい人がしなくてはならない事を、3つご紹介していきます。

株式投資で儲けたい人がしなくてはならない事

その1:愚直に努力するということ

株式投資で儲けたい人がしなくてはならないことの1つ目は「愚直な努力」です。

株式投資というと、低いところで買って、高いところで売るという単純なもの。短期間で大儲けできるといった楽なイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

しかしそれは運による偶然的な事が多く、そのような一時的な成功では成功し続ける事は困難でしょう。

長期的に継続して株で儲ける為には、株で稼ぐ為の努力を地道に続けることが大切です。

以下は私が大切にしている「努力」に関する格言です。

ボクシングの元世界チャンピオン 「フロイド・メイウェザー」の言葉

お前が休んでいるとき、俺は練習している。

お前が寝ているとき、俺は練習している。

お前が練習しているとき、もちろん俺は練習している。

元ヤンキース 「松井秀喜」の言葉

努力できることが才能である。

自分は決して「天才型」ではない。しかし、努力の積み重ねでここまでの結果を得てきた。

株で儲ける上で、片手間でできる様な簡単な方法というものは無く、地道な努力が欠かせないということを理解しておきましょう。

その2:自分の売買を振り返るということ

 2つ目は「自分の売買を振り返る」ということです。

株式投資を実践していると、時にはマイナスが生じるなど上手くいかないこともあるでしょう。

その様な時によくやってしまうのが、負けを誰かのせいにするという事です。

「マーケットが急に変化したから」

「ネットの記事には上がると書いてあったから」

「セミナーで習った事が良くなかったから」

など、うまくいかなかった事について自分自身を咎めないという事。

しかし、負けに対してそれらを外的要因のせいにしていたら、自らの成長には何も繋がりません。

そうではなく過去の売買を振り返ってみて「なぜあの時よく考えずにエントリーしたのか」、「なぜあの時損切りできなかったのか」など、自らのトレードを反省し、失敗を次に生かすことで一歩進んだ自分へと成長することができます。

自分の成功体験と失敗体験を見返してみて、良かったところと悪かったところを抜き出してみる。そうして自分自身を反省しながら今後のトレードに生かす。こうした事の積み重ねが、技術を上げる為には必要なことです。

その3:正しい株の技術と知識を身につける

3つ目は「正しい株の技術と知識を身につける」ことです。

ここまで、地道な努力と自分を省みることが大切であることをお伝えしてきましたが、それらの努力の方向性が間違っていれば株式投資で成功することはできないでしょう。

自己流で株のトレードを一生懸命頑張っても、その手法が間違っていれば儲けることはできません。

株式投資で成功する為には、正しい株の技術と知識を身に付けることが大切です。

正しい株の技術と知識を習得する方法

自己流の手法は間違っていることも多いので注意する必要があるでしょう。

正しい株の知識を身に付ける為に有効なのが、何より株式投資スクールで学ぶという事です。

しかし、株式投資のスクールに通うことを検討する際に、このような悩みはありませんか?

「本当に知りたい事が学べるのかわからない」
「なんとなく怪しいイメージを持っている」
「株式投資のスクールに通ってみたいけど、どこを選べばいいかわからない」

株式投資のスクールはなんとなく有益だと感じている方でも、実際に他の勉強方法との違いや有効活用の仕方など、まだまだわからないことも多くあると思います。

実際に、株式投資の勉強をするのであれば、スクール以外にも様々な方法で学習を進めることも可能です。

では、株式投資のスクールに通うメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

また、メリットだけでなくデメリットについても、きちんと把握した上で本当に必要かどうかを検討する事が大切です。

そこで今回は、株式投資のスクールがどのようなところなのか、また、メリット・デメリットについて紹介していきます。

株式投資のスクールとメリット・デメリットについて

スクール以外で行う株式投資の勉強方法としては、以下の2つがあります。

1.書籍

2.インターネット

それぞれどのような違いがあるか見ていきましょう。

書籍で学ぶ事について

株式投資の書籍は初心者向けの導入の情報しか載っていないケースが多い

書籍の場合、大前提として株式投資に興味のある方全般に向けた情報を掲載することになります。

つまり、本格的な実践トレードの内容というよりは、広く浅い情報が載っているようなイメージです。

なぜ広く浅い情報が多いのかというと、書籍を販売する出版社側としてはより多くの人に買って頂く必要がある為、浅めの内容にして多くの人に興味を持ってもらえる内容にする必要があるからです。

本格的な内容を書籍にしてしまうと、多くの人が理解できず、どうしてもごく一部の人にしか見てもらうことができません。

そうすると、出版社側としても書籍化しにくいという事情があるのです。また、書籍ではページ数の制限がある為、深い情報を載せきれないという事情もあります。

ですので、株式投資初心者の方が継続的な学習を書籍から行い、トレードの成果を向上させるということは、なかなか難しいのが現実です。

インターネットで学ぶ事について

インターネットは株式投資についての情報量が多いが、情報の「質」に注意が必要

インターネットにはたくさんの情報が転がっています。

情報「量」だけでみると、インターネットでの学習だけで十分と感じてしまうかもしれません。

しかし、インターネットで学習をする場合、注意しなければならない点があります。

それは、情報の「質」です。

インターネットは、誰でも情報発信できる事からたくさんの情報がある反面、情報の「質」に関しては信頼できないものもたくさん出回っています。

たいして知識がない人や、実際のトレードで利益を上げていない人もたくさん情報をあげているので、その中から情報を取捨選択して学ぶというのは得策ではありません。

「正しい情報」を見極める力を身に付けた上で、インターネットで情報を探すのはいいかもしれませんが、初心者の方がインターネットでの学習を主軸にするのはおススメできません。

株式投資のスクールに通うメリット

書籍やインターネットで学ぶ事についての特徴や注意点についてご紹介してきました。

結論として、株式投資を始める方は株式投資のスクールに通うことをおススメします。

ですが、もちろん株式投資のスクールにもメリットとデメリットがあります。

それぞれのメリット・デメリットを判断した上で、入会するかどうかを検討するとよいでしょう。

まずは、株式投資のスクールに通うメリットについて見ていきましょう。

メリット1:より実践的な内容が学べる

株式投資のスクールに通うことで得られるメリットの1つ目は、「より実践的な内容が学べる」ということです。

書籍などではどうしても文字数の制限があり、「生きた情報」を得る事ができません。

しかし、株式投資のスクールは基本的に「動画」や「対面」で講義が行われる為、書籍よりも必然的により多くの生きた情報が得られます。

講師の方が実際にトレードをされている方であれば、実際のトレードの話も聞くことができるでしょう。

なかなか利益を上げられないトレーダーの方が陥りがちな部分も把握しているので、より身になる話が聞けるはずです。

メリット2:初心者の方から上級トレーダーまで、技術量に応じて学びを深めることができる

株式投資のスクールに通うメリットの2つ目は、初心者の方から無理なくステップアップでき、上級トレーダーになっても学びを深めることができる点です。

まず、スクール入会後の一般的な流れをご紹介すると、最初に基礎的な内容を学習してスクールで学ぶ為の下地を作っていきます。

学習しながら、徐々に実践的な内容についても学んでいき、より深い内容を習得していくというのが一般的な流れです。

「上級トレーダーになったらもう学ぶ必要はないのでは?」と思われるかもしれませんが、利益を上げられるトレーダーになる為のポイントは「愚直な努力」にあります。

メリット3:株仲間ができる

株式投資のスクールに通うメリットの3つ目は、書籍やインターネットでの学習では得ることができない株仲間ができるというものがあります。

「俺(私)はひとりで学びたいから、仲間はいらない」と思うかもしれませんが、株などの投資について語れる人がいるというのは精神的にも大きなメリットです。

株式投資のスクールに通うデメリット

株式投資のスクールに通うメリットについてご紹介しましたが、もちろんいいことばかりではありません。

スクールに通うことによるデメリットもあるので、しっかりと押さえた上で判断しましょう。

デメリット1:受講料が高い

株式投資スクールに通う際に最もデメリットとなるのが、受講料が高いということです。

書籍であれば数千円、ネットであれば無料で学習できる中、スクールに通うとなると数万円からの費用が発生する場合がほとんどです。

これは当然のことで、なぜならそこで得られる情報量、知識、技術に大きな差があるからです。

短期的に見ると受講料が高いということはマイナスに感じますが、いずれ受講料よりも多くの利益を上げられるようになるという様に、視点を変えればどうでしょうか?

一気に年間費用を払う様なスクールの場合は確かに高いかもしれませんが、月額制のスクールなどであれば、お試しで入ってみて合わなければ辞めるということも可能です。

デメリット2:やる気がないと長続きしない

投資スクールは、通ってすぐに成果がでるようになるわけではありません。

これは、他の英会話スクールやプログラミングスクールなどを考えてみても同じことが言えます。

本人が積極的に学ぶ姿勢がなければ、技術を身に付ける前に辞めてしまうということもあり得ます。

せっかく入会したのに、成果を出せるようになる前に辞めてしまうのはもったいないことです。

本人の意思と覚悟が必要になるので、「楽して儲けたい」といった考えで参加してしまうと、なかなか上手くいかないでしょう。

株式投資スクールの選び方

おススメの投資スクールはファイナンシャルアカデミー

ここまで株式投資のスクールに通うメリット・デメリットや選び方についてご紹介してきました。

その中でも、特におススメしたいスクールがファイナンシャルアカデミーです。

⇒ファイナンシャルアカデミーについての詳細はこちら

LINE証券
岩井コスモ証券
スマートプラス『STREAM』開設プロモーション