銘柄選びで重要なポイントとは

勝てる銘柄には理由がある

あなたが選ぶべき銘柄とは?

チャートを使用した株の売買、つまりテクニカルな手法で株式投資を行うのであれば、絶対に欠かせないのが銘柄選定における基準です。

私が実践している相場式トレード手法では、エントリーしてから早くて2日~1週間程度。長くて3ヶ月~半年程度の期間で売買を行います。

さて、株の売買を行うという言い方をしましたが、売買ですから、それによって利益を得る必要があります。

そして、利益を得る為には当然ですが、株の安い所で買って、高い所で売る。又は、株の高い所で空売りをして、安い所で買い戻すという事が出来なければいけません。

従って、それが可能な銘柄でなければいけないわけですね。株は上げ下げを繰り返すという性質があります。ですから、そうした上げ下げの中で、ある程度の先読みが出来る銘柄を選ぶ必要があります。

では、一体どんな銘柄が最適だと言えるのでしょうか?

ズバリその銘柄とは、日経225に採用されている銘柄や、JPX400に採用されている銘柄です。

何故かと言うと、これらは東証一部の大型銘柄であり、1日の出来高が多いからです。具体的には、出来高が50万株以上の銘柄という事になります。

1日の出来高が多いという事は、それだけ多くの人がその銘柄で売買をしているという事ですから、買われた株数と売られた株数の差が極端に大きくならないという事です。

その為、売買結果を表すチャート上には、日を追う毎に、階段の様に綺麗に並ぶローソク足が出現してくれます。

もちろん、いつも綺麗ではありません。時には、ギザギザした乱高下になったり、急に跳び跳ねたり、急落したりする場面もあります。

しかし、余程の外的要因が無い限り、いつもリズム良く動いてくれます。リズム良く動く事で、「次はこうなるな」そして、「こうなったら、ああなるな」「ああなったら、そこでこうしよう」みたいな作戦を練る事ができます。

だから、勝てるという事なのです。次の予想ができない様な値動きをされたら一体どうやって利益を積み上げて行くのでしょうか?

そんな銘柄で勝負をするという事は、それこそコインを投げて裏か表かを当てる様なものです。まさにギャンブルですね。

また、推奨する出来高が多い銘柄の中でも、あなたに合った銘柄というものがあります。

銘柄は企業ですから、人であり生き物です。株価の動き方にもそれぞれ特徴があります。

日経平均と同じ動きをするものもあれば、正反対の動きをするものもあります。

また、値動きが激しい銘柄や少しずつ刻んでいく銘柄など様々です。そうした銘柄達も、あなたと同様に個性があると言えます。

ですから、あなたが選ぶべき銘柄とは、実はあなたの性格に合った銘柄と言うのが正しいでしょう。

プロから教えられた事を、そっくりそのまま真似しても通用しないという世界があります。株式投資も、その中の一つであると私は思っています。

行動の仕方は真似る事が出来たとしても、性格までも真似る事は出来ない。

教えられた通りにやってるのに、何故か出来ない。同じ結果にならない。しかし、何回も繰り返すうちに同じ結果に近付ける事が出来る。

それは、足りない部分を自分流で補ったからだと考えます。

自分の力で稼ぐというのは、結局そういう事でしょう。

努力無しに、ただの猿真似だけで成し得る事では無いという事ですね。

さあ、前進前進。