INPEX(国際石油開発帝石)【2022年4月28日】

現在監視中の銘柄「INPEX」について考察していきます。

証券コード:1605
主市場:東証1部
時価総額(百万円):1,419,917百万円
東証33業種:鉱業

【現在までの値動き】

4/22

・節目1,650円からの逆下半身で10日線まで下落し、連続した下落が起こる可能性がある一方で、まだまだ上昇局面中である事から、反発するとも予測していた。

4/25

・コマで一気に20日線まで下落した。

4/26

・再び陰線で下落し、終値1,465円を付けた。

4/27

・陰線で横並びになり、終値1,473円を付けた。

4/28

・陽線で上昇し、終値1,532円を付けた。

・ちょうど上からの5日線が20日線と交わったポイントにローソク足がある状態となった。

【株価動向考察】

月足チャート

・ローソク足が長い上ヒゲとなり、且つ現時点での終値のポイントが過去の高値に並び、天井圏という見方を軸に考えるならば、今後の展開としては下落局面に向かうと予測する。

週足チャート

・陽線で下落して5週線の上で止まっており、長い下ヒゲが10週線まで伸びている状態である。

・下ヒゲであれ、10週線に株価が到達したという事は、上昇から下落傾向に向かう兆候だと考える事ができる。

・仮に5週線を割り逆下半身となれば、下落局面になる可能性が高いと予測する。

日足チャート

・5日線と10日線が下を向き、20日線が横を向いた状態であり、短期線が集中し始めている。

・約半年振りにローソク足が20日線を割り込み、5日線が20日線と交わり始めた事から、いよいよ下落局面への突入と考える要素が多くなってきた。

・このまま5日線が20日線の下に入り込む事になれば、本格的に下落局面に向かうと予測する。

【今後の値動き】

・ローソク足の20日線割れが今回の展開で最も大きな変化であり、下落局面への方向転換と捉える事ができる。

松井証券
LINE証券
岩井コスモ証券
スマートプラス『STREAM』開設プロモーション